落花(らっか、らくくわ) 晩春 

【子季語】
花散る、散る桜、花吹雪、桜吹雪、飛花、花屑、花の塵、花埃、散る花、花の滝
【関連季語】

【解説】
桜の花が盛りを過ぎて散ること。花吹雪、桜吹雪といえば、吹雪のように花びらがいっせいに舞い散ること。散り果てたあとも、花の塵、花屑といって愛でる。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。
【実証的見解】
花散りてまた閑かなり園城寺 
鬼貫 「高砂子」

四方より花吹き入れて鳰の海 
芭蕉 「卯辰集」

いざ落花眼裏のほこりはらはせん
芭蕉 「旨原百歌仙」

まづ知るや宜竹(ぎちく)が竹に花の雪
芭蕉 「江戸広小路」

ちるはなや鳥も驚く琴の塵
芭蕉 「真蹟画讃」

阿古久曽のさしぬきふるふ落花哉
蕪村 「蕪村句集」

花散るや伽藍の枢おとし行く  
凡兆 「猿蓑」

花の塵酒の琥珀に吸せけり
几董 「晋明集二稿」

人恋し灯ともしごろをさくらちる
白雄 「白雄句集」

一筋の落花の風の長かりし
松本たかし 「たかし句集」

しきりなる落花の中に幹はあり 
長谷川素逝 「素逝句集」

花屑のしづかにとぢぬ鯉のみち
田中王城 「改造文学全集」

蹴ちらして落花とあがる雀かな
川端茅舎 「川端茅舍句集」

静かさや落花うかべば水広く
星野立子「鎌倉」

荒々と花びらを田に鋤き込んで
長谷川櫂 「天球」

吹きのぼり来し花びらの漂へり
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。