桃の花(もものはな) 晩春

【子季語】
白桃、緋桃、源平桃、桃畑、桃林、桃園、桃見、桃の村、桃の宿
【関連季語】

【解説】
桃は晩春、桜に少し遅れて淡紅色の花を咲かせる。日本の花の美の規範である桜に対し、
桃は鄙びた美しさがある。雛祭に飾られる花であったが、明治の改暦以降、雛祭は新暦の
三月三日に行われるようになったので、桃の花の時期は、雛祭のとずれるようになった。
日本で花といえば、古来、桜だが、中国では桃の花をさす。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
春の苑くれなゐにほふ桃の花した照る道に出で立つをとめ 大伴家持『万葉集』
【科学的見解】
桃(モモ)は、バラ科サクラ属の落葉低木。原産地は中国で、日本には弥生時代にわたったとされる。晩春、葉がでるより早く五弁の淡紅色の花を咲かせるが、種類によっては、白色や緋色のものもある。果実は球形で直径十センチくらい。八月ころに紅く熟す。花の鑑賞を目的としたものや食用目的のものなど、園芸品種が多数存在する。(藤吉正明記)

*

煩へば餅をも喰はず桃の花
芭蕉 「夜話ぐるひ」

船足も休む時あり浜の桃
芭蕉 「船庫集」

桜より桃にしたしき小家かな
蕪村 「蕪村句集」

喰うて寝て牛にならばや桃の花
蕪村 「蕪村句集」

商人(あきんど)を吼る犬ありもゝの花
蕪村 「蕪村句集」

家中衆にさむしろ振ふもゝの宿
蕪村 「蕪村句集」

桃の木へ雀吐き出す鬼瓦
鬼貫 「鬼貫句集」

鯛を切る鈍き刃ものや桃の宿
几董  「井華集」

戸の開てあれど留守なり桃の宿
千代女 「千代尼句集」

桃咲くやおくれ年始のとまり客
一茶  「寛政句帳」

遊びゐるうちに日が暮れ桃の花
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。