大根の花(だいこんのはな) 晩春

【子季語】
菜大根の花、種大根
【関連季語】
諸葛菜、大根
【解説】
大根の種を採るために畑に残した株に薹が立ち、白い十字型の花を咲かせる。紫がかったものもある。  
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【科学的見解】
大根(ダイコン)は、アブラナ科の一年草または二年草で、地中海・中東地方が原産である。古名はオオネ、スズシロで、日本には弥生時代に伝わり、古くから栽培されていた。四月から五月にかけて、白または淡紫色の花を茎頂に密集して咲かせる。地下に垂直に伸びた根が肥大し食用になる。ダイコンの変種としてハマダイコンが知られているが、それは栽培されていたダイコンが野生化したものとされている。ハマダイコンは、海岸の砂地などに生育している。(藤吉正明記)

*

ふみたふす形に花咲く土大根
乃龍 「続猿蓑」

まかり出て花の三月大根かな
一茶 「題叢」

雀啼く大根の花やひな曇
正岡子規 「子規句集」

花大根遊女の塚を並べけり
松瀬青々 「妻木」

花大根黒猫鈴をもてあそぶ
川端茅舍 「川端茅舍句集」

コメントは受け付けていません。