下萌(したもえ) 初春

sitamoe
【子季語】
萌、草萌
【関連季語】
春の草
【解説】
早春、去年の枯草に隠れるように草の芽が生え出ること。下萌の「下」は「枯草の下」の意。下萌には、確かな春の訪れと厳しい冬を耐えた生命力が感じられる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
春日野の下萌えわたる草のうへにつれなく見ゆる春のあわ雪 源国信『新古今集』

*

下萌えもいまだ那須野の寒さかな
惟然 「裸麦」

下萌や土の裂け目のものの色
太祇 「太祗句選」

下萌ぬ人間それに従ひぬ
星野立子「笹目」

コメントは受け付けていません。