土筆(つくし) 仲春

【子季語】
つくづくし、つくしんぼ、筆の花、筆頭菜、土筆野、土筆摘
【解説】
筆和、土筆飯、土筆汁トクサ科の多年草。杉菜の胞子茎をいう。三月ごろから日のあたる土手や畦道に生える。筆のような形をしているのでこの名がある。
【科学的見解】
土筆は、スギナというシダ植物の胞子葉の部分をさす。春先、土壌中にある地下茎から胞子葉が伸び、地上に出たあとは茎を伸ばし先端から胞子を飛散させる。その後、遅れて細く尖った松葉状の葉(栄養葉)を出し、活発に光合成を行う。スギナは、在来の植物で、北海道から九州まで分布する。土筆は、食用となり、春の山菜として昔から親しまれている。(藤吉正明記)

*

真福田が袴よそふかつくづくし
芭蕉 「花声」

見送りの先に立ちけりつくづくし
丈草 「射水川」

つくづくしここらに寺の趾もあり
千代女 「松の声」

つくつくしほうけては日の影ぼうし
召波 「春泥発句集」

ままごとの飯もおさいも土筆かな
星野立子「立子句集」

コメントは受け付けていません。