蕨(わらび) 仲春

【子季語】
岩根草、山根草、蕨手、早蕨、干蕨、蕨長く、蕨飯
【解説】
ワラビ科。山肌の日当たりの良いところにみられる春を代表する山菜。乳牛が食むと乳の出が悪くなるといわれるほどあくが強い。あく抜きをして、おひたしなどで食べる。
【科学的見解】
蕨(ワラビ)は、在来の夏緑性の多年生シダ植物であり、全国的に幅広く分布している。スギナのように栄養葉と胞子葉は分かれておらず、ワラビの場合は栄養葉の裏に胞子を含む胞子嚢群が形成される。栄養葉は、三回もしくは四回羽状複葉となり、葉柄を含む長さが一メートルになる場合がある。(藤吉正明記)

*

一尺の蕨の外は松柏
沾徳 「合歓の花道」

独活蕨何もおとさず旅の殿
去来 「名月集」

蕨採りて筧に洗ふひとりかな
太祗 「太祗句選後篇」

わらび野やいざ物焚ん枯つゝじ
蕪村 「蕪村句集」

めぐる日や指の染むまでわらび折る
白雄 「白雄句集」

負ふた子に蕨をりては持せける
暁台 「暁句集」

折りもちて蕨煮させん晩の宿
蝶夢 「草根発句集」

そゞろ出て蕨とるなり老夫婦
川端茅舎 「川端茅舍句集」 

蕨たけて草になりけり草の中
村上鬼城  「鬼城句集」

国東(くにさき)の仏の国の蕨かな
森澄雄 「白小」

背高童子こんがら童子初蕨
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。