芹(せり) 三春

seri

【子季語】
根白草、根芹、田芹、芹摘む、芹の水
【解説】
芹田春の七草の一つで、若菜を摘んで食する。七草粥が代表的だが、ひたし、和え物にしたり香味料として吸い物に用いたりする。
【科学的見解】
芹(セリ)は、在来の植物であり、田圃や池付近など湿り気のある場所に生育する。花期は、七月~八月であり、小さな白い花がたくさん集まった花序を形成する。名前は、水辺に群がって「競り(せり)」合うように増え、また花が咲くと草丈を「競り(せり)」合うことに由来する。(藤吉正明記)

*

我がためか鶴はみのこす芹の飯
芭蕉 「続深川」

これきりに径尽たり芹の中
蕪村 「蕪村俳句集」

古寺やほうろく捨るせりの中
蕪村 「蕪村句集」

薄曇る水動かずよ芹の中
芥川龍之介 「澄江堂句集」

せせらぎつつ揺れつつ芹の生ひにけり
松本たかし 「松本たかし句集」

左右には芹の流れや化粧坂
松本たかし 「松本たかし句集」

東大寺伽藍の中を芹の水
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。