蕗の薹(ふきのとう、ふきのたう) 初春

【子季語】
蕗の芽、蕗の花、蕗のしゆうとめ
【解説】
蕗は菊科の多年草で山野に自生する。早春、新葉が出る前に根茎から卵の形をした緑色の花茎を出す。花茎は数枚の大きな鱗のような葉で包まれ、特有の香気とほろ苦い風味が喜ばれる。花がほうけたものを蕗の姑という。

*

にがにがしいつまであらし蕗のたう
宗鑑 「真蹟短冊」

里山や下葉撥るる蕗の薹
嵐雪 「為延追善集」

山陰やいつから長き蕗の薹
凡兆 「芭蕉袖草紙」

莟とはなれもしらずよ蕗のたう 
蕪村 「蕪村句集」

皆水に浮きぬ手桶の蕗の薹
星野立子「句日記Ⅱ」

ほろ苦き恋の味なり蕗の薹
杉田久女 「杉田久女句集」

甦る春の地霊や蕗の薹
杉田久女 「杉田久女句集」

猪を炙り蕗の薹まぶしかな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。