夏(なつ) 三夏

natu【子季語】
三夏、九夏、炎帝、朱夏
【解説】
立夏から立秋の前日までの約三ヶ月間の季節をいう。気象学では夏至から秋分まで。四季の中で最も暑く日差しが強いのが特徴。三夏とは爽やかな暑さの初夏、梅雨どきの蒸し暑さの仲夏、炎暑の晩夏をいう。九夏は夏九十日間のことをいう。

*

世の夏や湖水にうかぶ波の上 
芭蕉 「蕉翁句集」

夏旅や母のなき子がうしろかげ
白雄 「白雄句集」

ずんずんと夏を流すや最上川
正岡子規 「季語別子規俳句集」

切味噌のひなた臭さや夏泊り
嵐雪 「玄峰集」

見のこすや夏をまだらの京鹿子
蕪村 「落日庵句集」

「日の丸」が顔にまつはり真赤な夏
中村草田男 「中村草田男全集5」

かなしさよ夏病みこもる髪ながし
石橋秀野 「桜濃く」

プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ
石田波郷「病鴈」

仰ぎゐて我になりゆく夏の鷹
森澄雄 「四遠」

コメントは受け付けていません。