立夏(りっか) 初夏

【子季語】
夏立つ、夏に入る、夏来る、今朝の夏
【解説】
二十四節気の一つ。陽暦の五月六日ごろ。暦のうえではこの日からが夏。実感からするといささか早い気もするが、もう夏に入りましたと定められると、目に入る景色も新しい夏の光を纏いはじめたように思える。 

*

夏立つや未明にのぼる魚見台
高田蝶衣 「青垣山」

藤垂れて立夏の急雨到りけり
臼田亜浪 「白道」

毒消し飲むやわが詩多産の夏来る
中村草田男 「万緑」

楠に風東海大学夏に入る
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。