夏めく(なつめく) 初夏

【子季語】
夏きざす
【解説】
春の花々が終わって緑の世界にかわり、初夏の花々が咲き始め、あたりは夏の景色に近くなった様子である。生活面も夏らしい感じに変る。

*

夏めきて人顔見ゆるゆふべかな
成美 「成美家集」

夏めくや花鬼灯に朝の雨  
中村楽天 「改造文学全集」

夏めくや合わせ鏡に走る虹 
久米三汀 「返り花」

夏めくや庭を貫く滑川
松本たかし  「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。