暑し(あつし) 三夏

【子季語】
暑さ、暑、暑気、暑熱
【解説】
北太平洋高気圧から吹き出す風が高温と湿気をももたらし、日本列島の夏季はたびたび耐え難い蒸し暑さに見舞われる。しかしこの暑さなくして秋の実りも有り得ず、恵みの暑さでもある。

*

暑き日を海に入れたり最上川
芭蕉 「奥の細道」

水無月はふくびやう(腹病)やみの暑かな
芭蕉 「葛の松原」

行く馬の跡さへ暑きほこりかな
杉風 「別座鋪」

葛原もまた静かなる暑さかな
杉風 「のぼり鶴」

うろうろと肥えた因果に暑さかな
路通 「きれぎれ」

来て見れば森には森の暑さかな
千代尼 「千代尼句集」

百姓の生きてはたらく暑さかな
蕪村 「蕪村書簡」

日の前の浮雲暑き蔭りかな
白雄 「白雄句集」

あら壁に西日のほてるあつさかな
正岡子規 「子規句集」

蝶の舌ゼンマイに似るあつさかな
芥川龍之介 「澄江堂句集」

まだ暑くなりゆくけふの暑さかな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。