秋近し(あきちかし) 晩夏

【子季語】
秋隣、秋隣る、秋の隣、来ぬ秋、秋迫る、秋風近し
【解説】
晩夏のころ、藍を帯びはじめた空の、一刷の白い雲や、木々のそよぎに、秋が近いことを感じる。 

*

波の音も秋風近し西のうみ
玄旨 「九州道の記」

けに涼しあすくる秋の雲の色
和風 「三千化」

物の葉のそよきに濱の秋近し
里紅 「藤首途」

秋近き心のよるや四畳半
芭蕉 「鳥の道」

変化めく雲や一夜の秋近し
浪化 「白扇集」

窓の火や秋を隣の藪の中
逸洞 「水薦刈」

鏡見てゐる遊女の秋近き
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。