夜の秋(よるのあき) 晩夏

【解説】
夏の終り頃、夜になると涼しく何となく秋めいた感じのすることが
ある。立秋も近く去りゆく夏に一抹の寂しさを感じたりする。

*

玉虫の活きるかひなき夜の秋
暁台 「暁台遺稿」

俳諧の寝物語や夜の秋
赤星水竹居 「雑詠選集」

片よせて宵寝の雨戸夜の秋
石橋秀野 「桜濃く」

家かげをゆくひとほそき夜の秋
臼田亜浪 「旅人」

尽?の余香ほのかや夜の秋
日野草城 「花氷」

凭り馴れて句作柱や夜の秋
松本たかし 「たかし句集」

灯の下の波がひらりと夜の秋
飯田龍太 「童眸」

石鹸のにほえる娘夜の秋
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。