南風(みなみ) 三夏

【子季語】
南吹く、南風(みなみかぜ)、南風(なんぷう)、正南風、大南風
【解説】
夏の季節風。冬の北風がからからに乾いているのに対し、この風は湿っていて暑苦しい。「みなみ」だけで風を省略した呼び名は、もともとは漁師、船乗り言葉だったことによる。

*

風の香も南に近し最上川
芭蕉「続山の井」

尻ふりて蛤ふむや南風
涼莵 「喪の名残」

島影に海緑すや南風
青木月斗 (同人)

南風や化粧に洩れし耳の下
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。