青嵐(あおあらし、あをあらし) 三夏

【子季語】
風青し
【解説】
青葉の茂るころに吹きわたるやや強い風。若々しく力強い感じがする季語である。

*

荒磯や月うち上げて青あらし
蓼太 「蓼太句集三篇」

城山の浮み上るや青嵐
正岡子規 「季語別子規俳句集」

汽車見る見る山を上るや青嵐
正岡子規 「季語別子規俳句集」

千年の礎を吹く青嵐
臼田亜浪 「旅人」

青嵐至ると見ゆる遠樹かな
日野草城 「花氷」

寝ころんで何の思案か青嵐
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。