風薫る(かぜかおる、かぜかをる) 三夏

【子季語】
薫風、薫る風、風の香、南薫
【解説】
夏に吹きわたる風をほめたたえた季語であるが、新緑、若葉のころの風として使いたい季語でもある。語源は漢語の「薫風」で、それを訓読みして和語化したものである。

*

風薫る羽織は襟もつくろはず?
芭蕉 「小文庫」

ありがたや雪をかをらす南谷?
芭蕉 「奥の細道」

風かをるこしの白根を国の花
芭蕉 「柞原」

さゝ波や風の薫の相拍子
芭蕉 「笈日記」

松杉をほめてや風のかをる音
芭蕉 「笈日記」

帆をかふる鯛のさはきや薫る風?
其角 「五元集拾遺」

風薫れ風鈴の銘も小倉山?
園女 「菊の塵」

高紐にかくる兜や風薫る?
蕪村 「落日庵句集」

青のりに風こそ薫れとろろ汁?
蕪村 「新五子稿」

杉くらし五月雨山風かをる?
暁台 「佐渡日記」

風薫る暮や鞠場の茶の給仕?
乙二 「をのゝえ草稿」

薫風や蚕は吐く糸にまみれつつ
渡辺水巴 「水巴句集」

顔長きことが長者よとろろ汁
森澄雄 「四遠」

空間を縦横に切り風薫る
?長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。