雷(かみなり) 三夏

【子季語】
神鳴、いかづち、はたた神、鳴神、遠雷、落雷、来火、雷鳴、雷声、日雷、雷雨、雷響
【解説】
積乱雲の中などで雲と雲、雲と地上の間で放電現象が起きたもの。電光が走った後に雷鳴がとどろく。光と音の時間差でその遠近を測る。

*

遠雷やひとり昼餉の青菜汁
石橋秀野 「桜濃く」

迅雷やおそろしきまで草静か
原石鼎 「花影」

雷落ちて火柱みせよ胸の上
石田波郷「病鴈」

安達太良の雷火に幾度通ひけむ
前田普羅 「定本普羅句集」

はたゝ神七浦かけて響みけり
日野草城 「花氷」

遠雷や福耳垂れて老法主
日野草城 「花氷」

鳴神や暗くなりつつ能最中
松本たかし 「鷹」

空港のごつた返せる雷雨かな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。