五月闇(さつきやみ) 仲夏

【子季語】
梅雨闇、夏闇
【解説】
梅雨時のころの鬱蒼とした暗さをいう。昼間の厚い雲に覆われた暗さでもあるが、月のない闇夜のことでもある。

*

五月闇蓑に火のつく鵜舟かな
許六 「正風彦根躰」

二三日蚊屋のにほひや五月闇
浪化 「住吉物語」

しら紙にしむ心地せり五月闇
暁台 「暁台句集」

切りこぼす花屑白し五月闇
長谷川櫂 「富士」

コメントは受け付けていません。