夕焼(ゆうやけ、ゆふやけ) 晩夏

ゆやけ、夕焼雲、梅雨夕焼
【解説】
夕方、日が西の空に沈んだ後もしばらくは空が茜色にそまり、なかなか日がくれない。夏の夕焼は大地を焼き尽くすごとく壮大である。

*

大夕焼一天をおしひろげたる
長谷川素逝 「暦日」

大夕焼消えなば夫の帰るべし
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。