日盛り(ひざかり) 晩夏

【子季語】
日の盛
【解説】
夏の一日、最も太陽の強く照りつける正午頃から三時頃までをいう。人間も動物も暑さにじっと耐えるひと時である。

*

日ざかりをしづかに麻の匂ひかな
大江丸 「俳懺悔」

日ざかりや海人が門辺の大碇
正岡子規 「子規句集」

日盛りに蝶の触れ合ふ音すなり
松瀬青々 「松苗」

日盛や松脂匂ふ松林
芥川龍之介 「餓鬼句抄」

コメントは受け付けていません。