炎天(えんてん) 晩夏

【子季語】
炎気、炎天下
【解説】
太陽の日差しが強く、焼け付くような真夏の空のこと。

*

炎天に照らさるる蝶の光りかな
太祇 「独喰」
炎天やさしくる潮の泡の音
渡牛 「新選」

炎天にあがりて消えぬ箕のほこり
芥川龍之介 「澄江堂句集」

炎天下くらくらと笑わききしが
加藤楸邨「颱風眼」

炎天に黒き喪章の蝶とべり
日野 草城 「旦暮」

炎天の蝙蝠洞を出でにけり
原石鼎  「花影」

炎天より僧ひとり乗り岐阜羽島
森澄雄 「鯉素」

炎天のかすみをのぼる山の鳥
飯田龍太 「春の道」

炎天の鹿に母なる眸あり
飯田龍太 「遅速」

炎天や大河の底をすなどれる
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。