旱(ひでり) 晩夏

【子季語】
旱魃、旱害、旱空、旱天、夏旱、大旱、旱年、旱畑、旱草、旱雲
【解説】
太平洋高気圧に覆われて、連日雨が降らずに日が照りつけることをいう。旱魃とも言いい、地面は渇ききって草木は枯れてしまう。農林災害はもちろん、人々の飲料水にも深刻な打撃を与える。           

*

畠にしてほし瓜となす日でり哉  
日能 「鷹筑波」

海賊の村に水汲む旱かな   
正岡子規 「子規全集」

しらじらと明けて影濃し旱雲
前田普羅 「普羅句集」

大旱天智天皇の「秋の田も」
川端茅舎? 「川端茅舎句集」

大旱の空に鴉の啼きにけり
長谷川零余子 「零余子句集」

畳目に箒のひびく旱かな
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。