夏の山(なつのやま) 三夏

【子季語】
夏山、夏嶺、青嶺、夏山路、夏山家、青き嶺、山滴る、翠巒
【解説】
夏の青々と緑におおわれた山。新緑にはじまり、青葉の山、梅雨の山、鬱蒼と生い茂る盛夏の山など、その姿は次々と変化する。いずれも万物の生命力に溢れた山である。近代以降は、輝く岩山や雪渓の残る高峰もさす。 

*

夏山に足駄を拝む門出哉 
芭蕉 「奥の細道」

夏山や雲井をほそる鷹の影?
支考 「市の庵」

夏山や通ひなれにし若狭人
蕪村 「蕪村句集」

夏山やうちかたむいてろくろ引く
蕪村 「蕪村遺稿」

夏山やえもしれぬ花の香に匂ふ
几菫 「写経社集」

夏の山しづかに鳥の鳴く音かな?
召波 「春泥発句集」

夏山や雲湧いて石横たわる?
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。