夏野(なつの) 三夏

【子季語】
夏野原、夏の原、青野、卯月野、五月野

夏野といえば美ヶ原とか富士の裾野など、広々としたところが思い描がかれる。風が渡ると青々と生い茂った草が、いっせいに靡いて大海原のようでもある。

*

巡礼の棒ばかり行く夏野かな
重頼 「藤枝集」

馬ぽくぽく我を絵に見る夏野かな
芭蕉 「水の友」

もろき人にたとへむ花も夏野かな
芭蕉 「笈日記」

秣負ふ人を枝折の夏野哉 
芭蕉 「陸奥鵆」

我ひとり行くかと思ふ夏野かな
二柳 「やまかけ集」

一すぢの道はまよはぬ夏野かな
蝶夢 「露の一葉」

絶えず人いこふ夏野の石一つ
正岡子規 「子規句集」

夏の行きつくしぬ大河横たはり
石井露月 「露月句集」

ぐいぐいと山退いてゆく夏野かな
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。