泉(いずみ、いづみ) 三夏

【子季語】
泉川、やり水
【解説】
山中の岩間などから清冽な地下水が地表に湧き出して、小さな流れや池となったもの。湧き出るときの静かな音や、水の透明感が夏の涼しさを呼ぶ。清らかな水であることから、古くは旅人が乾いた喉を潤した。

*

結ぶより早歯にひゞく泉かな
芭蕉 「都曲」

緑わく夏山陰の泉かな
蓼太 「蓼太句集三編」

さゝれ石もわきて泉の流れかな
紹巴 「大発句」

青松葉見えつゝ沈む泉かな
正岡子規 「子規句集」

刻々と天日くらきいづみかな
川端茅舍  「華厳」

千年の泉ごぼりとたなごころ
加藤楸邨「死の塔」

泉への道後れゆく安けさよ
石田波郷「春嵐」

淋しさの底より湧ける泉かな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。