滴り(したたり) 三夏

【解説】
山の日陰の道などの岩や苔を細く糸のように伝い落ちる水をいう。山道へ分け入り、しだいに疲れを覚えた身にはそれは玉の如き水。思わず手に受けて頂いたりする。

*

笠一つしたゝる山の中を行く
正岡子規 「子規句集」

海の上に大滴りの岩懸くる
田村木国 「山行」

滴りのはげしく幽けきところかな
日野草城 「昨日の花」

絶壁の蔦を傳ひて滴りぬ
青木月斗 (同人)

岩襖どこよりとなく滴れる
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。