滝(たき) 三夏

【子季語】
瀑布、飛瀑、滝壺、滝しぶき、滝風、滝の音、男滝、女滝、滝見、滝涼し、滝道、滝見茶屋

年中滝はあるが涼気から夏の季語とされた。人工的に庭園などに作られたものを作り滝という。季語として認められたのは近代以降である。江戸期は別の季の詞を必要とした。

*

奥や滝雲に涼しき谷の声
其角 「新山家」

うら見せて涼しき瀧の心哉
芭蕉 「宗祇戻」

酒のみに語らんかゝる瀧の花
芭蕉 「笈の小文」

滝水の中やながるる蝉の声
惟然 「草庵集」

山鳥の尾上に滝の女夫かな
几董 「井華集」

滝をのぞく背をはなれゐる命かな
原石鼎 「原石鼎全句集」

滝殿に人あるさまや灯一つ
内藤鳴雪 「春夏秋冬」

たのしさとさびしさ隣る滝の音
飯田龍太 「山の木」

羽衣のごとくに滝の吹かれをり
長谷川櫂 「虚空」

瀧の影瀧におくれて落ちにけり
高田正子 「花実」

夢に聴くいづこの山の瀧の音
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。