冷奴(ひややっこ) 三夏

【子季語】
冷豆腐、水豆腐
【解説】
水や氷で冷やした豆腐を三センチ角ほどのさいの目に切り、冷水の鉢に盛ったり、青竹を器にしたりして、生姜、紫蘇、削りぶしなどを薬味として食べる。見た目にも涼味を感じる手軽で庶民的な夏の料理。酒の肴にもよくあう。

*

縁にしなふ竹はねかへし冷奴
渡辺水巴 「白日」

庭のもの青いちぢくや冷奴
鈴木花蓑 「鈴木花蓑句集」

堅苦しき挨拶は抜き冷奴
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。