梅干(うめぼし) 晩夏

【子季語】
干梅、梅干す、梅筵、梅漬
【解説】
青梅を塩漬にして重しをすると二、三日で梅酢ができる。赤紫蘇を加えて色をつけてからその梅を取り出して、戸板や筵に並べて天日に干す。干しては梅酢に戻し、「三日三晩の土用干し」と称して夜露にも当てる。数日それを繰り返すうちに梅は乾いて皺ができる。こうして干しあげたものを壺に貯蔵する。食生活に深く根を下ろした日本的な食品の一つである。
          
*

梅漬にむかしをしのぶ真壺哉 
召波 「春泥発句集」

寝るべしや梅干ほして一昼間 
道彦 「発句題叢」

干梅に口の涼しき日南かな
有隣 「新類題発句集」

木の下に其の梅漬ける小庭かな
尾崎紅葉 「紅葉句集」

干梅の紅見れば旱雲
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。