簾(すだれ) 三夏

【子季語】
簾戸、掛簾、絵簾、御簾、簾衝立、古簾、玉簾、葭簾、玻璃簾
【子季語】
障子や襖を取り払ったあと、風を通しながら日差しと視線を遮るために用いられるもの。葭や細く削った割竹などを糸で編みあげて作られる。框組みの簾障子と、布耳をつけて鴨居に掛けるものとがある。

* 

簾して涼しや宿のはひり口
荷兮 「曠野」

吹きあげて風あまりある簾かな
五百木飄亭 「飄亭句日記」

ひと迎ふ簾の奥に灯を置きて
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。