夏暖簾(なつのれん) 三夏

【子季語】
麻暖簾
【解説】
夏期専用の暖簾。目の荒い麻や木綿の涼しげな柄物、絽を友禅染めにしたものなど、涼感を出すために工夫を凝らす。古くは禅家で冬季の隙間風を防ぐのに用いた。

*

青蓼の厨も見えて麻暖簾
泉鏡花 「鏡花全集」

コメントは受け付けていません。