籐椅子(とういす) 三夏

touisu
【子季語】
藤寝椅子
【解説】
籐の茎で編んだ夏用の椅子のことである。編み目から風が通り、涼しく気持ちがよい。見た目にも涼しさが感じられるが、ひんやりとした肌触りがまた心地良い。仰向けに寝ることができるような籐寝椅子もある。

*

籐椅子に倚る夢月に通ひけり
子角 (同人)

顔にふるる芭蕉涼しや籐の寝椅子
夏目漱石 「漱石全集」

一碧の水平線の籐寝椅子?
篠原鳳作 「現代俳句]

コメントは受け付けていません。