団扇(うちわ、うちは) 三夏

【子季語】
団、白団扇、絵団扇、絹団扇、渋団扇、水団扇、京団扇、奈良団扇、古団扇、団扇売
【関連季語】

【解説】
夏、あおいで風を起こし涼を得る道具。竹の骨に紙を張り、柄を取り付けたもの。絵をほどこしたものは絵団扇。焚物の火を盛んにしたり、蚊や蝿を追うなど用途はさまざま。開閉自在の扇が平安時代に日本で考案されるまでは、扇といえば団扇のこと。江戸時代には「団」とも書いた。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

団扇もてあふがん人のうしろつき?
芭蕉 「笈日記」

絵団のそれも清十郎にお夏かな?
蕪村 「蕪村句集」

手すさびの団画ん草の汁?
蕪村 「蕪村句集」

あふぎつつひとの子誉むる団かな?
几菫 「晋明集二稿」

蚊帳の中団扇しきりに動きけり
杉田久女 「杉田久女句集」

君来ねば柱にかけし団扇かな
村上鬼城 「鬼城句集」

奈良団扇すなはち白を選びけり?
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。