風鈴(ふうりん) 三夏


【子季語】
風鈴売
【解説】
夏、その涼を聞いて涼を得るための小さな鐘のことである。なかに風鈴を鳴らす金属製の舌があり、その舌につるした短冊が風に吹かれて、チリンチリンと鳴る。金属のほかガラス、陶器などで作ったものがあり、音色も形も素材により様々である。鉄は南部風鈴、ガラスは江戸風鈴が有名。

*
ふかぬ日の風鈴は蜂のやどりかな
言水 「京日記」

風鈴や花にはつらき風ながら
蕪村 「遺草」

風鈴や草匂ふほど水きけり?
富田木歩 「定本木歩句集」

風鈴や古典ほろぶる劫(とき)ぞなし
竹下しづの女 「はやて」

風鈴とたそがれてゐしひとりかな
加藤楸邨「望岳」

風鈴や天駆け巡りくる風に
長谷川櫂 「虚空」

 

コメントは受け付けていません。