虫干(むしぼし) 晩夏

【子季語】
虫払ひ、土用干、曝書、書を曝す、曝涼、風入れ
【関連季語】
土用
【解説】
夏の土用の頃、晴天の日をえらんで、衣類や書物を干したり、風に当てたりすること。黴や虫などの害を防ぐ。書物を曝すことを曝書という。寺社の宝物などの虫干しはお風入などともいう。 
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

罪ふかき女めでたし土用干
鬼貫 「真蹟」

無き人の小袖も今や土用干
芭蕉 「猿蓑」

龍宮もけふの塩路や土用干
芭蕉  「六百番俳諧発句合」

鎧着てつかれためさん土用干
去来 「続虚栗」

かけたらぬ女心や土用干し
千代女 「古人筆俳句帳」

虫干しや甥の僧訪ふ東大寺?
蕪村 「蕪村句集」

政宗の眼もあらん土用干?
正岡子規 「寒山落木」

虫干や千畳敷を大般若
藤野古白 「古白遺稿」

母の刀自この世にありて土用干
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。