行水(ぎょうずい、ぎやうずい) 晩夏

【関連季語】
日向水
【解説】
夏、盥に湯や日向水を張ってする沐浴のこと。田仕事や草刈など夏は外での作業が多く、汗を流してさっぱりするには手軽な方法であった。庶民にとって銭湯しか風呂がなかったころは日常的に行われた。水で行うのは水行水。
【来歴】
『季寄新題集』(嘉永元年、1848年)に所出。
【文学での言及】
『好色一代男』西鶴

*
行水も日まぜになりぬ虫の声
来山 「古選」

行水や戸板の上の涼しさに
惟然 「藤の実」

行水や月に吹かるるあばら骨
臼田亜浪 「旅人」

行水や肌に粟立つ黍の風
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。