早乙女(さおとめ、さをとめ) 仲夏

【子季語】
さうとめ、五月女、月乙女、五月乙女、早女房、田植女、植女
【関連季語】
田植、早苗
【解説】
田植を行う女性をいう。昔は田植の祭儀にかかわる女の人が田の神に仕える装いとして、紺の単衣に赤い帯、白い手拭をかぶり、紺の手甲脚絆、菅笠のそろいの姿で一列にならんで苗を植えた。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
雨過ぐる真菅の小笠かたよりに小田の早乙女早苗とるなり 『夫木和歌抄』
【実証的見解】
さおとめの「さ」は、さなえの「さ」、さなぶりの「さ」などと同様に、「田の神」にささげる稻のことをさす。早乙女は、田の神に仕える乙女であり、「諸社の神田を植うる女のこと」(『滑稽雑談』)であった。

*

五月乙女にしかた望まんしのぶ摺  
芭蕉 「曾良書留」

早乙女の下り立つあの田この田かな
太祇 「太祇句選後編」

早乙女の五月雨髪や田植笠  
許六 「桃の杖」

かつしかや早乙女がちの渉し舟 
一茶 「題葉集」

早乙女の祭りのやうに揃ひ出る
涼莵 「花橘」

さをとめや汚れぬ顔は朝ばかり
其角 「句兄弟」

早乙女やひとりは見ゆる猫背中 
召波 「春泥発句集」

早乙女や泥手にはさむ額髪
村上鬼城 「定本鬼城句集」 

早乙女の一群すぎぬ栃の花 
前田普羅 「飛騨紬」

早乙女の股間もみどり透きとほる
森澄雄 「花眼」

早乙女の笠あぐるたび海青く
長谷川櫂 「松島」

コメントは受け付けていません。