繭(まゆ) 初夏

【子季語】
新繭、白繭、黄繭、玉繭、繭干す、繭煮る
【関連季語】
夏蚕、秋繭、天繭(やままゆ)、糸取、蚕の上蔟、蚕飼
【解説】
蚕の作る繭のことで、とくに、春蚕の作った繭を指す。色は白や薄茶、形はくびれた俵形や楕円形、球形などで生糸の原料になる。俳句では夏に分類。夏蚕や秋蚕の繭には、別途、秋繭という季語がある。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
垂乳根の母が養(か)ふ蚕の繭ごもりいぶせくもあるか妹に相はずして 作者不詳『万葉集』
【実証的見解】
蚕は孵化したときは蟻蚕とよばれ蟻のように小さいが、大量の桑を食べて成長し、四週間ほどの間に体重が一万倍ほどになる。十分発育して桑を食べなくなると蚕の体は透きってくる。これが繭を作り始める兆候であり、この蚕を、一つ一つ拾い分けて蚕簿(まぶし)に移し替える。これが蚕の上蔟(あがり)と呼ばれる。蚕は蚕簿のなかで絹糸をはいて繭玉を作り、蚕自身は繭玉の中で蛹になる。上蔟から一週間ほどで蚕簿から繭をもぎとる。これが繭?きである。もぎ取った繭は生繭といわれ、これを日に干してなかの蛹を殺す。これが繭干しである。この繭を煮て絹糸をほぐれやすくしてから糸を取る。

*

道ばたに繭干すかぜのあつさ哉
許六 「句兄弟」

繭烹や身をかざるべきことでなし
蘭更 「半化坊発句集」

まゆひとつ仏のひざに作るなり
一茶 「七番日記」

コメントは受け付けていません。