泳ぎ(およぎ) 晩夏

【子季語】
水練、遊泳、競泳、遠泳、水泳、浮袋、立泳ぎ、犬掻、背泳ぎ、平泳ぎ、川浴、水浴
【解説】
夏、川や海、プールなどで泳ぐこと。夏の代表的な遊び。涼をもとめ海や川で泳ぐのは爽快。海で泳ぐと一年中、風邪をひかないともされ、古くから健康法ともされたきた。スポーツとしてはクロールや平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライが一般的だが、ぬき手や片ぬき手などの古泳法もある。
【来歴】
『四季名寄』(天保7年、1836年)に所出。

*

とも綱に蜑の子ならぶ泳ぎかな 
正岡子規 「子規句集」

汐蒼く人流れじと泳ぎけり
前田普羅 「普羅句集」

泳ぎ出て天の高きをたゞ怖る
大谷碧雲居 「碧雲居句集」

泳ぎ子に西日まだある河原かな
島田青峰 「青峰集」

遠泳や舟に上がれば風の音
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。