祭(まつり) 三夏

【子季語】
夏祭、神輿、渡御、山車、祭太鼓、祭笛、宵宮、宵祭、陰祭、本祭、樽神輿、祭囃、祭提燈、祭衣、祭舟
【解説】
単に祭といえば都市の神社の夏祭をさす。悪疫退散を目的とする。この点、秋に田園の神社で行なわれる秋祭(収穫祭)と異なる。山車や鉾、神輿などの巡行があり、舞や奏楽などの奉納が行われる。境内や門前には夜店が立ち並び、宵宮から祭り当日にかけて多くの人でにぎわう。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【実証的見解】
夏は疫病が多く、それをもたらすものは怨霊と考えられていた。その怨霊の退散を願うのが夏祭りである。神の来臨を待って祭は始まるが、来臨は夜間であるとされ、宵宮から祭りが始まる。神輿や鉾は地上に降りてきた神の乗り物であり、これに笛や太鼓の祭囃子が付き添って巡行がなされる。

*

酔ひ臥して一村起きぬ祭かな
大祗 「太祗句選後篇」

菅原や御興太鼓の夜の音
鬼貫 「仏の兄」

象潟や料理何食ふ神祭
曽良 「奥の細道」

里の子の宿宮にいさむ鼓かな
其角 「華摘」

大雨に獅子を振りこむ祭かな
村上鬼城 「鬼城句集」

万燈を消して侘しき祭かな
村上鬼城 「鬼城句集」

値段立つ繭天皇の祭かな
菅原師竹 「菅原師竹句集」

驟雨過ぎて又囃す湖上祭かな
吉田冬葉 「冬葉第一句集」

隣村の疲弊目に見る祭かな
島田青峰 「青峰集」

ひとの渦おほきな神輿のせゆける
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。