神田祭(かんだまつり) 初夏

【子季語】
神田明神祭、天下祭
【解説】
東京の神田明神の祭礼で、江戸三大祭りのひとつ。大祭は二年に一度、五月の第二日曜をはさんで、約一週間行われる。昔は旧暦の九月十五日、関が原で徳川家康が勝利を収めた日にちなんで行われた。五月の第二土曜日に時代行列といわれる神幸祭、翌日曜日に約九十基の神輿の宮入がある。神輿かきが売り物の威勢のいいの祭りである。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

コメントは受け付けていません。