賀茂祭(かもまつり) 初夏


【子季語】
祭、北祭、葵祭、懸葵、加茂葵、双葉葵、葵鬘、諸鬘、御生祭
【解説】
五月十五日に行われる京都の上賀茂神社、下鴨神社の大祭。平安時代の宮中では祭といえばこのまつりだった。御所から参向する勅使らの冠を、葵桂で飾ったことから葵祭ともいい、石清水八幡宮の南祭に対し北祭ともいう。
【来歴】
『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。
【文学での言及】
『源氏物語』葵の巻では葵祭見物の場面での光源氏の正妻、葵の上と年上の愛人、六条御息所との確執が描かれている。

*

加茂衆の御所に紛るる祭かな
召波 「春泥発句集」

げに僧は木のはしところ諸かづら 
蓼太 「蓼太句集」

草の雨祭の車過ぎてのち
蕪村 「蕪村句集」

たれこめて祭見る家や薫す
几董 「井華集」

呉竹のよよにあふひの祭かな
樗良 「我庵」

追ひ戻す坊主が手にも葵かな
太祗 「太祗句選」

牛の嗅ぐ舎人が髪や葵草
蝶夢 「草根発句集」

白髪にかけてもそよぐ葵かな
一茶 「七番日記」

コメントは受け付けていません。