茅の輪(ちのわ) 晩夏

【子季語】
ちなわ、菅貫、茅の輪潜り、輪越の祓
【関連季語】
名越の祓
【解説】
茅を束ねて大きな輪としたものが茅の輪。陰暦六月晦日の夏越の祓の時に、人々はその輪をくぐり身についた穢れを祓い、無病息 災を願う。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

*

子をつれて茅の輪を潜る夫婦かな
大江丸 「俳懺悔」

白雲や茅の輪くぐりし人の上
乙二 「乙二発句集」

人たえて一圓立てる茅の輪かな
松本たかし 「石魂」

見つゝ来て即ち茅の輪くゞるなり
星野立子「続立子句集第二」

やすらかに人とほしたる茅の輪かな
長谷川櫂 「富士」

向うより子どものまねく茅の輪かな
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。