蝙蝠(こうもり、かうもり) 三夏

【子季語】
かはほり、蚊食鳥、家蝙蝠、大蝙蝠
【解説】
蝙蝠は夏の夕暮れ、音もなく飛ぶ。蚊食鳥ともいわれるが、鳥ではなくほ乳類。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。
【文学での言及】
人もなく鳥もなからん鳥にてはこのかはほりも君に尋ねん 和泉式部『夫木和歌抄』
【実証的見解】
コウモリ目「翼手類」の唯一飛翔できるほ乳類の総称。ネズミに似た顔を持ち、長く伸びた前肢の指の間に飛膜があり、それが翼に変形する。多くは種類が食虫性だが、中には果実や花粉を食べる種類もある。食虫性の蝙蝠は十一月ころに冬眠に入る。冬眠直前に交尾をおこない、春になって雌が冬眠からさめた段階で受精する。年一回、初夏に、一頭だけ子供を生む。

*

かはほりやむかひの女房こちを見る
蕪村 「蕪村句集」

かはほりのかくれ住けり破れ傘
蕪村 「新花摘」

かはほりや月のあたりを立ちさらず 
暁台 「暁台句集」

かはほりや古き軒端の釣荵  
暁台 「暁台句集」

我宿に一夜たのむぞ蚊喰鳥    
一茶 「新集」

ぬかるみに木影うつらふ蚊喰鳥
富田木歩  「定本富田木歩句集」

かはほりや晒布襦袢の肌ざはり
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。