時鳥(ほととぎす) 三夏

【子季語】
初時鳥、山時鳥、名乗る時鳥、待つ時鳥、田長鳥、沓手鳥、妹背鳥、卯月鳥、杜鵑、杜宇杜魂、子規、不如帰
【解説】
初夏五月に南方から渡ってきて日本に夏を告げる鳥。雪月花に並ぶ夏の美目でもある。昔は初音を待ちわびた。初音を待つのは鶯と時鳥だけ。夜、密かに鳴くときは忍び音といった。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
暁に名告り鳴くなるほととぎすいやめづらしく思ほゆるかも 大伴家持『万葉集』
信濃なる 須賀の荒野に時鳥鳴く声聞けば 時過ぎにけり 作者不詳『万葉集』
いくばくの 田をつくればかほととぎすしでの田をさを朝な朝な呼ぶ 藤原敏行『古今集』
ほととぎす鳴くや五月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな よみ人しらず『古今集』
ほととぎすそのかみ山の旅枕ほのかたらひし空ぞわすれぬ 式子内親王『新古今集』
【実証的見解】
時鳥は、カッコウ目カッコウ科に分類される鳥で、夏鳥として九州以北に飛来する。全体的に灰色で、腹部に白と黒の横縞模様が見られる。托卵の習性があり、おもに鶯の巣に卵を産む。食性は肉食性で、毛虫などを好んで食べる。キョッキョッキョキョなどと鳴き、「特許許可局」や「テッペンカケタカ」などと聞きなしされる。

*

野を横に馬引むけよほとゝぎす
芭蕉 「猿蓑」

ほとゝぎす消行方や島一ツ
芭蕉 「笈の小文」

京にても京なつかしやほとゝぎす
芭蕉 「芭蕉書簡」

ほとゝぎす大竹藪をもる月夜
芭蕉 「嵯峨日記」

ほとゝぎすきのふ一聲けふ三聲
去来 「去来発句集」

時鳥啼や湖水のさゝ濁り
丈草 「丈草発句集」

弓取は弓持てきくほとゝぎす
白雄 「白雄句集」

おもひもの人にくれし夜杜鵑
太祇 「五車反古」

山吹も散らで貴布祢の子規
維駒 「五車反古」

岩倉の狂女恋せよほとゝぎす
蕪村 「五車反古」

江戸入りの一ばん声やほととぎす
一茶 「七番日記」

空高く山やや青しほととぎす
幸田露伴 「露伴全集」

聞かふとて誰も待たぬに時鳥
夏目漱石 「漱石全集」

鳴くならば満月に鳴けほととぎす
夏目漱石 「漱石全集」

谺して山ほととぎすほしいまゝ
杉田久女 「杉田久女句集」

あをあをと草の若狭やほととぎす
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。