郭公(かっこう、くわくこう) 三夏

【子季語】
閑古鳥
【解説】
初夏、南方から日本に渡って来る鳩よりやや小形の鳥。明るい林や草原で「カッコー、カッコー」と鳴く。江戸期によく用いられた閑古鳥という名は、鳴声ののどかさによるものであり、「かっこうどり」の変化したものでもある。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

*

憂き我をさびしがらせよかんこどり
芭蕉 「嵯峨日記」

侘びしらに貝ふく僧よかんこ鳥
其角 「続虚栗」

飯櫃の底たたく音やかんこ鳥
蕪村 「俳諧新選」

郭公や何処までゆかば人に逢はむ
臼田亜浪 「亜浪句鈔」

あるけばかつこういそげばかつこう
種田山頭火 「草木塔」

コメントは受け付けていません。