老鶯(おいうぐいす、おいうぐひす) 三夏


【子季語】
老鶯(らうおう)、夏鶯、乱鶯、残鶯、晩鶯
【関連季語】

【解説】
夏の鶯をいう。老鶯は漢詩に使われた言葉で、夏になって声に張りのなくなった鶯をいうが、実際には、春よりも鳴声は達者で、夏の山河の生気と負けないほど高らかである。人里近くで鳴く春とちがい、営巣する山や林で多く聞かれる。
【来歴】
『俳諧古今抄』(享保15年、1730年)に所出。

*

鶯や竹の子藪に老いを鳴く
芭蕉 「炭俵」

老鴬や老いては声もつくろはず
蝶夢 「草根発句集」

コメントは受け付けていません。