初鰹(はつがつお、はつがつを) 初夏

【子季語】
初松魚
【関連季語】

【解説】
鰹は春、黒潮に乗って北上し、若葉のころ伊豆、房総沖に到達する。そのころに獲れる鰹が初鰹。昔は、鎌倉沖で取れた鰹を早馬、早飛脚で生きたまま江戸まで運んだ。それだけに値段も高かったが、初物を食えば七十五日長生きできるといって、江戸っ子たちは競ってこれを求めた。「鎌倉を生きて出でけむ初鰹」この芭蕉の句は、鎌倉を生きたまま出荷された初鰹の活きのよさをたたえたもの。初鰹は、江戸っ子の食べ物なのである。
【来歴】
『俳諧通俗誌』(享保2年、1716年)に所出。

*

目には青葉山ほととぎす初鰹 
素堂 「江戸新道」

鎌倉を生きて出でけむ初鰹
芭蕉 「葛の松原」

大江戸や犬もありつく初鰹 
一茶 「文政八年句帖」

江戸つ児は江戸でうまれてはつ鰹  
子規 「獺祭句帖抄」

コメントは受け付けていません。