火取虫(ひとりむし) 三夏

【子季語】
灯取虫、火入虫、灯虫、火虫、火蛾、灯蛾、燭蛾、火取蛾、
【関連季語】

【解説】
夏の夜、灯火に集まってくる虫のこと。蛾などが鱗粉をまきちらしながら街灯や誘蛾灯、室内の電灯などに飛んでくるさまは夏ならではの光景である。
【来歴】
『俳諧通俗誌』(享保2年、1716年)に所出。

*

電のさそひ出してや火とり蟲
丈草 「丈草発句集」

夕立にこまりて来ぬか火とり蟲
正秀 「初便」

筆とめて打払ひけり火とり蟲
闌更 「半化坊発句集」

火蛾舞ふや真白の眉をふりかぶり
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。